スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
ANOTHER FACE
2005-11-08 04:32



1936年(昭和11年)、東京・荒川区尾久1881の待合「満佐喜(まさき)」にて石田吉蔵(当時42歳)が惨殺されていた。赤の絹ひもで絞め殺され、敷布団と左大腿部ともに『定吉二人キリ』と血液で書かれていた。さらに奇怪なことに、被害者の性器が切り取られていた。
容疑者は同家の女中であり不倫仲であった安部定(当時32歳)であることが判明。数日後の逮捕時には、切り取られた陰茎、陰嚢が懐に入れられていた。



「愛」というものは

物質的実体がなく

それ故、実に漠然としている。

とりわけそれが

男女間の話になると

事はしばしば厄介になる。

繰り返しになるが

「愛」自体には形が無い。

愛したいと願ったり

愛されたいと願っても

それを物の如くして

手渡し、受け取ることはできない。

必ず、何かに込めることをしなければならない。

この迂回の道中で

「愛」は、思いがけぬ発作を起こすことがある。

その病が極限に達したとき

「愛」は、もうひとつの顔を覗かせる。










※注意
前述の事柄は、現在の僕の「愛」の様子を描写したものではありません。
あくまでも、一般論として僕が考えるところの表現です。
今日現在の僕の「愛」は、至って穏やかであります。
ご承知おきを。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<抱擁 | 3BA ENT. | はなむけの言葉>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。