スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
雨上がりに唄えば
2009-05-01 23:29
雨上がり

ここ数日間、関東は雨続きで、今朝にいたっては目が覚めるほど大規模な雷が鳴っていました。

台風1号・2号も発生し、着実に季節が進んでいます。

となると、もうすぐ雨の季節。

自然にとってはなくてはならないわけですが、ゲンダイジンにとっては少々鬱陶しい季節です。

非の打ちどころのない心地良い季節というのは本当に短い。

楽しい時間があっという間に過ぎ去るのと同じ。

逆に、憂鬱な時間は延々と長く感じる。

自分にとって都合の良いことにはすぐに慣れて、悪いことはいつまでも引きずってしまう出来の悪さ。



先日テレビ番組で、食べ物屋さんに入って注文の品が運ばれて来るたびに、「ありがとう」と店員に礼を言うという大阪人の県民性が紹介されていました。

これは、広く関西人にあてはまることですが、僕が東京で暮らすようになって感じたギャップのひとつがこれです。

たまに礼を通り越して「すんません」なんて謝ってしまってることすらありますが、このささやかな感謝の姿勢は素敵だと思います。

もちろん、慣用として形骸化している部分もありますが、相手の言動に対して何らかの反応を示すということは大切なこと。

この風習が商人の街大阪で色濃いということには納得。

「商い→飽きない」という語呂合わせ。

飽きないためには常に新鮮であることが必要。

昨日のコピー&ペーストな日々に新風を吹き込むのはコミュニケーション。

対外、対内。

惰性と慣れに風穴を。



鋭角に刺さる西日と、洗われた青空、東の空に架かる虹。

何度も見てきた景色。

しかし、常に新しい。





はい、バシっとキマりました!




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<■業務連絡■ | 3BA ENT. | 紳士服売り場>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。