スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
さようなら
2009-03-16 16:03
この数日間はほんと暖かかった。

春ですね。

春といえば別れの季節。

街へ出れば、袴姿のお嬢さんや、カバンから筒が飛び出した制服組、スーツに着られた幼稚園生。

ふと、いままで経てきた5回の卒業(卒園)の記憶が頭をよぎります。


小学校の卒業式ではこの「巣立ちの歌」を歌いました。

うちの母親もそうですが、世の親達は我が子の卒業のうち、小学校のそれが一番グッとくるみたいですね。

僕はまだ誰の親でもありませんが、それは何となく分かる気がします。

子供の立場からしても、これは僕個人の感覚ですが、小学校の卒業式が一番グッときました。

そして、後になるに従って、感慨深さは薄れてゆきました。

これはまさに、学生生活の充実度と思い出の数の違いですね。

おそらく、社会人生活を含めても、あの頃がもっとも急がしかったし楽しかった。

だから、戻れるとしたならば小学生がいいと言うわけです。

しかし、ノスタルシズムが苦手な僕は、不確かな未来に期待してしまうんです。

負のイメージにさよなら。

これが僕にとっての6度目の卒業ってことですね。



日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか
日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか(ちくま新書)/竹内 整一

日本の文化ってほんと奥深い。

思想と発想がありえないところまで到達している。

「クール・ジャパン」どころじゃなく、「クレイジー・ジャパン」です。





しんぼる

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<これからの、テレビ | 3BA ENT. | ザイル>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。