スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
東京の車窓から
2009-01-28 01:47
火曜日、生まれて初めて鉄道人身事故の現場に遭遇した。

ほぼ毎日といっていいほど人身事故が起きる首都圏に住んでいれば、その場に居合わせることはそう稀なことではないのかもしれない。

この国では、およそ15分に1人というハイペースで、誰かが自らの命を絶つ。

そのことから考えても、人身事故と言われるものの大半が自殺だと判断していいのかもしれない。



自殺を肯定も否定もしないけれど、敢えてあんなに汚い死に方をする必要はない。

あまりに凄惨すぎる。

周りには黒山の人だかりができていたけれど、正直僕は直視できなかった。



運転手さんって、事故の後もすんなり仕事に復帰できるんだろうか。

相当のトラウマになると思うけど。

目撃者もそう。

僕も今日その駅を利用したけれど、線路に盛られた砂が目に留まるや否や全身に鳥肌が立った。



良いことも悪いこともある人生で、悪いことから逃れるために死を選ぶのなら、良いことを待って生きていたほうがいいと思う。

って、根拠もなく保証もできないし、余計なお世話かもしれないが、少なくとも僕の周りの人達はそうあってほしいと願うばかりだ。






今さら!?って感じだが、ようやく先日購入した。

31Hyoylyf2BL.jpg
悩む力 / 姜尚中






全く関係ない話。

皆さん、傘ってドコに置いてますか?

傘立て?その辺に立てかけ?

今日、東急東横線で渋谷を出て明治通りと平行して走る区間で面白い光景を目にした。

線路脇にわりと背の高いマンションが建っていて、線路側に部屋の玄関が並んでいる。

そのマンションは玄関の扉の横にガスや水道のメーターがあって、その器具周辺にちょうど良い具合の窪みがあり傘を掛けておくにはピッタリの様子。

よく見ると多くの住人がそこに掛けていた。

しかし、さらによく見てみると、それが1フロアに集中していて、他の階では1本も掛かっていなかった。

当然お気づきかと思うけれど、きっと、誰かがそこに傘を掛けたのを皮切りに、これはいいぞと他の住人に連鎖していったってことだろう。



なかなか考えさせられる光景でした。



では。




Oh,SIX / MYSS
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<21世紀 | 3BA ENT. | The 44th>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。