スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
「49」
2007-12-16 10:23
コンビニのレジに、客の性別と年齢層を入力するボタンがあるのは、けっこう知られていることかな。

それぞれ赤と青のボタンに数字がかいてあるのが一般的かと思う。

うちの近所の店のは、上から「12」「18」「29」「49」「50」というふうな分類になっている。

「小学生以下」「中高生」「20代」「3,40代」「50歳以上」ということだろう。

僕は男だからそれほど気にはしないが、自分がいくつぐらいに見られているかを知ろうと、店員の指を目で追う女性もいるかもしれない。

邪魔くさがって適当に押してしまう店員もいるらしいが、女心を傷つけないためにも、そこは丁寧に対応したほうがいいかもしれない。

かといって、気をつかって思ってもいない層のボタンを押すと、それはそれでマーケティングに支障をきたす。

こんなデリケートな作業を強いられている店員さんは少し気の毒でもある。



と、店員への労いを先に済ませておいて、いざ本題。



さっき朝飯を買いに入ったコンビニの女の店員が、僕の清算時に押したボタン。
















「49」。



これは、ありえない。



少し間があっての「49」。

適当に押したとは考えられない。



正解は「29」。



まだまだ水はじく肌のピチピチ25歳。

若々しい服に、若々しい髪型。

ブリンブリンのピアスまでしている。

大学生時に渋谷で補導されかけたほどの童顔。

最近でこそ歳相応に見られはじめてはいるが、「3,40代」とは世紀のミスジャッジ。

WBCで王監督を激憤させたボブ・デービッドソンでさえ、迷わず「29」を押すことができる。



物忘れが多くなったり、涙もろくなったり、独り言が多くなったことなど、その店員が知るはずもない。

何度も言おう。

これは、世紀のミスジャッジだ。



今後、彼女がシフトのときには、赤白帽にランドセルで買い物にいかなくてはいけない。



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<東京の人間は冷たいとか、そういう次元じゃない | 3BA ENT. | 年賀状完成>>
コメント
どんだけ苦労顔してんねんな(笑)
2007-12-17 00:53 | URL | すう #uvrEXygI[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。