スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
それでも僕はマスコミ志望
2007-11-19 01:33



朝晩はさすがに冷え込むけれど、日中に日差しがあればまだ心地いいこの時期。

小春日和ってやつですか。



今日の東京はそんな日和でした。

この曲を何度もリピートしての通勤は爽快。

とうとう、行き帰りでこの1曲しか聴かなかった。

久々のヒット。



心にカンフル剤が欲しい人は一聴の価値アリ。




歌詞も付けときます。

http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=58570








さて、すこし出遅れた感はあるけれど、三田佳子の息子が覚せい剤所持で三たび逮捕された。

それに関しては何もない。

ただ、三田佳子の会見の意味が僕には全くもってわからない。

会見を開くほうも、そこに集まって質問を投げかけるマスコミ陣も、僕にとってはチンプンカンプン。



あの会見の目的はなんなの??

息子が逮捕されましたという報告の会見??

有名人にはそんな義務が課せられているのか??



それとも謝罪会見??

誰に謝ってるん??

本当に迷惑をかけた人にだけ、個人的にお詫び行脚すればいいやん。



どう考えても、必要性が完全に欠如した会見。







それよりも、そこに集まったマスコミ。

キショクガワルイ。



マスコミには戦地取材ってのがある。

そのおかげで、遠く離れた地での戦争の様子を、ほぼタイムラグ無しで僕らは知ることができる。

でも、その多くがフリージャーナリスト達の取材によるもの。

大手メディアの取材陣には、戦況が悪化し出した時に、会社から退避命令が出るらしい。

それには、絶対服従。

社員に死なれようものなら、色々とややこしいことになるからね。

だから、結局、戦火の中に飛び込むのはフリーの人達。

彼らの中には、重要な取材へ行く前に毎回遺書を書くという人が多い。

そして、そんな彼らが受け取る報酬は、その偉業には見合わないほどのもの。



命を投げ打って取材をしろと言ってるわけではない。

「踏み込んだ取材」という言葉をよく耳にするが、取材というものは元来踏み込んだもの。

だから、「踏み込んだ取材」なんていかにも値打ちがあるかのように言うのはおかしい。

いや、それが当たり前なんですけど、って。

だから、戦地取材は自ずと危険の極みの中で行われることになるのでは、と思う。

そういう意味で、大手メディアのスタンスにはいささか疑問を抱いてしまうわけ。



「ジャーナリスト宣言」って、某新聞社が謳ってる。

本当のジャーナリストは現場を這いずり回っている。

デスクの前にいるだけの人間が、世の中を知り尽くしてるかのような気になっている。





踏み込むだけの度胸も情熱も無いのかな。



ひとつ言えることは、他人のプライバシーに踏み込むことにだけは本腰を入れられるということ。



今回の会見もその良い例。






いじめ問題と何となくリンクするなぁ。

ま、それを取り上げるのもマスコミ。

どうも矛盾する。






スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<何気に日記の題名を決めるのが一番苦労する。そのわりには、ひねりの利いていないものが多いですが。 | 3BA ENT. | はいはいはい>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。