スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
はいはいはい
2007-11-11 00:54
今日、渋谷の東急ハンズへ行った。

どうしても接着剤が必要で。



フロア案内を見て「補修用具」コーナーへ。

すると、無数の接着剤が。

しかも、どれも似たり寄ったりで、どれを買えばいいのかがわからない。

ひとつずつ手にとって能書きに目を通す。

しかし、背後で開かれているサビ取りスプレーの実演販売に気がいって、説明書きが頭に入ってこない。

そうすると、何でもよくなってきて、適当に無難そうなものを買って帰ろうと思ったが、全く使えないもだったらワヤ、ということで、慎重に慎重を重ねて店員さんに相談することに。

ぐるっと見渡すと、いかにもくわしそうなおじさん店員が目に留まった。

「何でも聞いてくれ」と背中が語っていた。

一目散におじさんのところへ行き声をかけた。



鯖:「すみません」

お:「はい」

鯖:「接着剤が欲しいんですけど」

お:「はいはい、いらっしゃいませ」


完璧な接客態度。

そして、何よりも、これだけ無数の商品を抱えながらも、接着剤を探してるという僕の言葉に一切の動揺を見せないベテランの貫禄。

全ての接着剤の特性が頭にインプットされているかのような自信から来る余裕。

恐ろしい。

大学受験のとき、試験前なのに参考書などを全く開かず、机上にペンと消しゴムを置きひたすら黙って座っているだけの受験生を見たときの恐怖に似ていた。

このおじさんなら間違いないと確信した。



鯖:「というのもですね、ここのボタンが根こそぎもげてしまってるんですよ」




お:「はいはいはい」



さっきよりも「はい」が1個多い。

つまり、僕が条件を提示したことで、おじさんの中の接着剤リストがさらに絞り込まれたということ。

ぜひそのリストを聞かせて欲しいと思った。



鯖:「なんですけど、これだけ種類があるんでどれがいいかわからなくて」


























































































「無理です!」





え゛ぇぇえぇ!?






結論をいえば、接着面が狭すぎてボタンとしての耐久性が保証できないということでした。




いま思うと、あの「はいはいはい」の時点で、おじさんの中の接着剤リストは0件だったわけだな。



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<それでも僕はマスコミ志望 | 3BA ENT. | 下手こいた~>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。