スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
腸内環境
2007-10-01 02:01
食べ過ぎると腹は痛くなる。

食べなさ過ぎてもまた痛くなる。



夕食以降何も口にせずに、早朝4時から仕事。

パンかおにぎりでもつまみながらと思ったが、社内の自販機は空っぽ。

カロリーメイト系しか売れ残っていなかった。

こんなものは腹の足しにはならないと、昼の勤務終了まで我慢することに。



ふと気づいたときには、もうすでに腹に違和感。



それが徐々に痛みに変わり、最後のOAの際には悶絶するほどにまで増大。



一刻も早く食事をとらないとと思い、勤務が終了するや否や、猛ダッシュで食堂へ。

ガラスケースの前でチョイスできるほどのゆとりはない。

一番に目に入ったハヤシライスの食券を買う。



昼食時にもかかわらず、受け取り場は比較的空いていた。

ラッキーだった。



しかし、前に並んでいた外国人が、勝手がわからずグズグズしている。

ドレッシングのボトルを手にとって、「What's this?」的な顔をしている。

おいおい、僕そのドレッシングをかけたいんやけど。

苛立ちをあからさまに見せるも、外国人はなおもグズグズしている。

結局、それが何なのかがわからないようで、「Oh, my god!」的な顔で立ち去った。

僕は急いでドレッシングを手に取り、サラダにぶっかけて席についた。



ようやくありつけた食料。

この腹痛地獄からの脱出が叶うと思うと、それまでの全身の力みが一気に解けた。

と、その時。

肛門を内側から何かがプッシュする感覚がした。










プス~ゥ~。











そこそこ長めの屁とともに、腹痛はどこかへ飛んでいった。






スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おめでとうございます | 3BA ENT. | ダンディズムへの道は、散髪と阿久悠で>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。