スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
おじいちゃんのこと
2007-08-17 02:46
NHKで五山の送り火の生中継をやってた。

思わず見入ってしまった。



ちなみに送り火を生で見たのはたったの一度だけ。

19年間京都に住んでいて。

祇園祭の山鉾巡行も一度だけ。

時代祭り。

葵祭り。

なんじゃそりゃ。

そんな感じ。



しかし、歳のせいもあり、また離れた場所で暮らしていることもあって、ここ最近は興味が深まっている。

伝統文化と自我が少しずつ重なり合ってきている。



特に五山の送り火。

実は、8月16日はおじいちゃんの命日でもある。

僕が生まれた時には既にいなかった。

人って(僕だけかもしれんけど)薄情な生き物で、実際に会ったことのない人に対しては、たとえそれが親族であっても、その人の死(不在)を心底悲しむことができない。

僕にとって、おじいちゃんがいないことは当たり前だった。

写真で何度か姿を拝見したけれど、いまいち実感がわかない。

失ったという感覚が希薄。

そんな自分をいけ好かなく思うこともあった。



でも、この1、2年で徐々に変化してきた。

何がそうさせたのかはわからないが、ふと寂しく、残念に思うことが増えてきた。

おじいちゃんが生きていたら…と想像して、ちょっとセンチメンタルな気分になることがしばしばある。

僕の中で、おじいちゃんがおじいちゃんになりつつある。



頑固な人だったらしい。

そして、めちゃくちゃ子煩悩だったらしい。





肩に掛けたたすきから、おじいちゃんの汗のにおいがする。






送り火の日に仏さんになるなんて、ロマンティックなおじいちゃん。






夏休み、お墓参りに行こっと。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<< | 3BA ENT. | ダイブ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。