スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
なんだかな~
2007-08-07 22:33




久々に米を炊いてみると、この有様。

フタを開けてびっくりした。

ギリギリ。

いや、もしかすると、フタで押さえつけられてたのかもしれない。

意図せず圧力釜。



男のひとり暮らし。

そんな言葉では片付けられない。

上手に米を炊く独居男性は山ほどいる。

誰か僕に米を炊いてください。











さて、ここで、えぇ話。



今は昔。

アメリカはデトロイトのある学校の女先生が、授業中に逃げた実験用のネズミを、ある少年にたのんで探し出してもらった。

彼は目が不自由だった。

しかし、素晴らしく鋭敏な耳を天から授かっていた。

この先生はそのことを知っていた。



素晴らしい耳のもち主だと認められたのは、彼にとって生まれてはじめてのことだった。

後に彼はこう語っている。

「自分のもつ能力を先生が認めてくれたその時に、新しい人生が始まった」。



彼の名はスティーヴィー・モリス。



またの名を、スティーヴィー・ワンダー。











最近よくヨーグルトを食べる。

すると、驚くほど腹の調子が良い。

腹の調子が良いというか、腹の調子が悪くならない。



ていうか、そもそも、体調が良いってどういう状態??

具合が悪いところがないってこと??

それが基本じゃないの??

それが普通じゃないのか??

そんなこともないか。

健康であることはありがたいこと。

有り難い。

つまりレアってこと。

てことは、普通じゃない、と言える。

したがって、普通の体調というのは、少々具合が悪いところがあるってことになる。

解決。





スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<僕が吉田拓郎だったら、一生結婚できない。でも、僕は吉田拓郎じゃないから大丈夫。 | 3BA ENT. | スカっと>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。