スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
歩く
2007-07-09 23:51
今日も渋谷のカフェで読書。

1冊読み終わって、ボーっとしていた。

詰め込んだばかりの知識が、脳みその中でうごめいている。

釣り上げられたばかりの魚が、漁船の水槽でピチピチ跳ねるように。

少し整理が必要だった。



こんなとき、僕が大切にしている或る流儀がある。









“歩く”








てなわけで、ひたすら歩いてみることに。

とりあえず、明治通りを池袋方面へ。



京都には“哲学の道”と呼ばれる小径がある。

哲学者の西田幾多郎がこの道を散策しながら思索にふけったことからこの名がついたと言われる。



かのビル・ゲイツは、重要な判断が要求されるような局面になると、上半身を前後に揺らす癖があるらしい。



僕の脳がひたすら歩くことを欲したことと、“哲学の道”の由来、そしてビル・ゲイツの癖は、実は科学的に理にかなっているようだ。

リズミカルな運動の反復は、セロトニン神経系を活性化させ、それにより精神が安定し、と同時に、集中した状態へ導くらしい。



つまり、明治通りも“哲学の道”だし、僕もビル・ゲイツになれるということ。



そんなことを妄想していると、千駄ヶ谷で大林素子とすれ違った。

スーパーの袋を持っていた。

すっぴんだった。

僕くらいは言わなくてもいいかと思うが、敢えて言わせてもらうと、デカかった。





渋谷-新宿は今までにも何度か歩いたことはある。

だから、新宿をゴールにするという選択肢は無かった。

僕はさらに足を進めた。





歩いていると、いろんな物が目に飛び込んでくる。

今日は、大久保の職安通りでこんなものを発見した。



20070709215405.jpg

20070709215341.jpg

20070709215413.jpg




まるで軍艦。



20070709215355.jpg


エントランスから伸びる廊下は先で二股に分かれている。

床の幾何学的装飾といい、完璧に軍艦。



帰宅後、この建物について調べたところ、かなり有名な建築物だということを知った。

渡邊洋治(1923~1983)という建築家の作品らしい。

1970年竣工の地上14階、地下1階建てで事務所と共同住宅で構成。

通称“軍艦マンション”(正式名は「NEW SKY BLDG.」)。

それ以外に呼びようがない。

しかも、わかりやすいことに、渡邊氏は大日本帝国海軍出身。



魅せられた。

夕刻の梅雨空がさらに良い演出を加えている。

かなりの老朽化が見られるけど、むしろこれくらのほうが軍艦っぽくて良い。

耐震強度さえクリアしてればね。

建築基準法改正前の建物やし、若干心配。



今回はエントランスまでやったけど、次回は内覧を果たしたい。





そんなこんなで、気がつけば西早稲田。

ここまで来たら、池袋まで行っちゃうか。

腹も減ったし、晩飯食うて帰ろう。

てなわけで、池袋で冷しゃぶ定食。




いやぁ、よく歩いた。

分かるひとには分かると思う。

渋谷-池袋は結構な距離よ。

山手線の駅で言えば、7駅。

腹もいっぱい。

頭の中もスカーっとしてる。

足もむくんでる。

ここからは電車。




今日のゴール地点、池袋駅。





を、通り越して自宅へ。





分かるひとには分かると思う。

渋谷-鯖邸。




本日の総歩行距離、約12km。




現在、「鯖邸-お台場」を計画中。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ガンバレ | 3BA ENT. | 心静かに>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。