スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
心ある人
2007-06-08 11:00
財布を失くした。



そのことに気がついたのは、夜勤を終えて帰りの身支度をしているとき。



無い。

無い。

無い。



頭の中が真っ白になった。

いや、真っ白なら、まだ色があるだけマシ。

無。



しばらく呆然とした後、僕は会社を飛び出し向かいのコンビ二へダッシュした。



深夜に、店の前の階段に腰掛けて、コーヒーを飲みながら一服した、その時に置き忘れたのだと確信した。

そこそこの現金と、いろんなカード。

この上なく悲しく、面倒くさい日々が、今日から始まることを覚悟した。



コンビニに着いた。

階段にはもちろん見当たらない。

あれから8時間も経っている。

そらそうだ。



店に入り、店員のおばちゃんに事情を説明する。

すると、おばちゃんがオーナーらしきおじちゃんを呼んだ。



「どんな財布ですか?」



「黒くて、二つ折りの…」



もしや、届いてる!?



「一応ね、ひとつ財布が届けられてるんだけど。」



!!



おじちゃんが店の裏から出てきた。



「あっ!それです!それ、それ、それ!!」



紛れも無く僕の財布。

口からお札が少し顔を覗かせている。



ちゃんと金も残ってるやん!!



「よかったー!ありがとうございますっ!!」

おじさんの方へ駆け寄った。

愛する財布を、一刻も早くこの腕で抱きしめたかった。




「あ、一応本人確認ができる物をお願いします。」

気が逸った僕を制止するかのように、おじさんは言った。



財布を落とした僕に、身分を証明する術など無い。

すべてがその財布に入ってるわけで。

少しテンパった。



…。



!!



あった!!



入館証!!

今、この首にぶら下がっているコレ!!

ほら、顔写真も名前もあるやん!!



僕はおじさんに入館証を突き出した。



財布の中のカードと入館証の名前が一致。

無事、財布が僕の元へ戻った。







どうやら、僕が一服を終えた直後に届けられていたらしい。

ぜひお礼がしたいと思ったが、届け主は全く手がかりを残していなかった。





こんなことがあるんやね。

財布なんて、失くせば手元に帰ることなんて無いと思ってた。

戻ってくるとしても、中身がなくなってたり。



日本もまだまだ捨てたもんじゃない。

親切な美しい心の持ち主が確かにいる。

直接お礼が言えなくて残念だけど、其人に幸多かれとただただ祈るばかり。

本当に、本当に、ありがとうございました。



同時に僕も、これからの人生を清く正しく生きようと、強く心に決めた。








感謝の気持ちと幸福感。

軽い足取りで会社へ戻った。

すると、玄関の守衛さんがこんなものを配っていた。







































img022.jpg






スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<今年は夏に夏休みをとろうと思う。小さな思い出を3つ4つ作りたい。 | 3BA ENT. | T'en va pas>>
コメント
落し物で巷で有名なポソですが、財布は届けられてること以外と多いので僕も今では安心して財布を落とすことができます。でも携帯はなかなかでてこないですね…
2007-06-10 01:06 | URL | ポソ #-[ 内容変更] | top↑
出てこんな~。
高3の時阪急高槻駅で失くした携帯もまだ出てこんわ。
2007-06-11 05:34 | URL | 3BA #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。