スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
なんとなく、こんなオチになった
2007-04-22 10:21
「ADHD」って知ってますか?

「Attention Deficit / Hyperactivity Disorder」の頭文字をとったもの。

直訳すると「注意欠陥・多動性障害」。

一種の発達障害と言われています。

その症状は通常7歳までに確認されます。



この障害について、興味深いデータが発表された。

大阪で同障害をもった子どもの診療にあたっている医師が、21日に京都で開かれたシンポジウムで報告した調査結果。

6歳から16歳までのADHDの子ども167人の親にアンケートをしたところ、喫煙率は、父親が70.1%、母親が46.7%で、一般の親の喫煙率と比べると父親は1.1倍でだったが、母親は2.7倍に高くなっていた。妊娠中に喫煙していたという母親も34.7%に上った。





そこで、僕の話。



僕はじっとしているのが苦手。

昔から落ち着きがないと注意され続けてきた。

今でこそこの傾向は緩和されてはいるが、小学校の三者面談では「落ち着きがない」と言われ、中学校の面談では「授業中に突然奇声を発するね」とお咎めをうけた経歴がある。

若さ故、と言ってしまえばそれで解決するかもしれないが、今でも注意が散漫になったり、意味なく突然発狂したくなることもたまにある。



今のところ社会生活に支障をきたしている様子もないので(あくまでも自己判断だが)、たとえ僕がADHDであっても、そうでなくても、さほど気にはしない。



そんなことよりも、母親の喫煙が大きく影響しているという分析は、この数値をみると説得力がある。



ちなみに、僕の母親は愛煙家。



お産直後に、病院のトイレに駆け込み一服したというエピソードを、堂々と息子に語る奇妙な人物。



僕がこんな人間なのは、ADHDなんかじゃなくて、ただの遺伝だと解釈したほうが正しいような気もする。






不注意でも、たまに発狂したくなっても、こんな自分が僕は好きだ。

だから、自分を産んでくれた母親も、僕は好きだ。



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サントリーに物申す | 3BA ENT. | おいしいジュース>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。