スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
サイコロジー
2007-03-30 15:48
冒頭から汚い話をしたいと思います。



うちの社内の、僕が一番利用するトイレには、小便用便器が3つある。

最近1週間程の調査で、次のような法則が確認できた。

一番入り口に近い便器には、陰毛がたくさん落ちていて、真ん中の便器にはほとんど落ちていなくて、一番奥の便器には少し落ちている。



勘の鋭い方はもうお気づきかとは思うが、この法則から人の心理を読み解くことができるのだ。



抜け落ちた陰毛の数が多いということは、その便器を利用する人が多いということ。

いや、一度に大量の陰毛が抜けてしまう人がいるだけなのかもしれない、という反論があるかもしれないが、それならDNA鑑定してくれてもいい。

そんな面倒臭い、以上にリアルに臭い作業を、これごときのために行う奴はいないだろうと安心して、強引に論を進めていく。



つまり、この3つの便器の中で一番利用されているのが入り口に一番近い手前の便器、その次が奥の便器、最後が真ん中の便器ということが抜け落ちた陰毛の数からわかる。



では、ここから導き出される人の(男子の)心理とは何か。

用を足しにやってきた人はまず、入り口に最も近い便器を使いたがる、ということ。

近いということは良いことである。

歩数が少なくて済む

しかも、今回のトイレもそうなのだが、一番手前の便器の横には目隠しの壁があることが多く、最もプライバシーが守られている便器であり、利用者には高い人気と支持を受ける。

したがって、手前の便器は一番利用されることになる。



では、すでに手前の便器を利用されてしまっている場合はどうなるか。

その場合には、奥の便器で用を足すのだ。

ここには、他者とはできる限りの距離をもって排泄したいという心理が働いている。

接近戦はリスクを伴う。

隣同士になってしまうと、イチモツを見られかねない。

勝ちならいいが、負けなら悔しい。

また、他にも空いている便器があるにもかかわらず、わざわざ隣を選べば、相手にあらぬ疑惑をかけられる可能性がある。

さらに、手前と奥とは違って、真ん中は左右両側に挟まれる。

逃げ道がない。

これらの理由から、手前の便器が空いてない時の滑り止め、第2希望としての奥の便器という位置づけがなされる。

したがって、手前の便器に次いで利用される率が高くなる。



と、必然的に、真ん中の便器が一番不人気ということになる。

先にも述べたが、挟み打ちに合うというのが最大の難点。

萎縮して、出るものも出ない。

良い事なんてひとつもない。

この世の終わりである。

用を足しながら、悲しくて涙がこぼれる。

母親の顔が浮かぶ。

脳裏で輝かしい青春時代の光景がフラッシュバックする。

あの時あんなこと言わんかったらよかった、と後悔する。

最後の晩餐は「ランチパック(ピーナツ)」(山崎製パン)か、って思う。

そして遂に、お迎えがやってくる。








便器争奪戦。

数々の陰毛は、戦の爪あと。




























お口直しに満開の桜でもどうぞ。

DSC00622.jpg




今年度最後の平日ということで、アナウンサーやキャスターの異動があり、今朝は打ち上げセレモニーがあった。

学生のバイトにも、今日が最後の勤務という子がいた。

別れと出会いの季節。



STAY GOLD / Stevie Wonder


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<「ゆれる」・「さくらん」 | 3BA ENT. | ■□■□■□■□■□■□■□■□■□>>
コメント
■ くぷっ
なんかメンズの知られざる一面を覗いた感じで
面白かった(笑)
お店とかで女性用トイレがいっぱいだと迷わず
男性用に入るけど、そういうとこのは1つしか
なくてCHECK出来ないから残念だなー。
2007-04-01 18:30 | URL | risa #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。