スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
言葉
2007-03-25 02:23
今日は展覧会へ言った。

その話は後ほど。



で、その帰りの電車の中で、奇妙な光景をまのあたりにした。

向かいの席に座っていたのは中年夫婦。

夫は外国人で、妻は日本人。

夫はモヒカンに革ジャン&ピチパン。

妻も、濃いメイクにボディーコンシャスな服。

和製中年シド&ナンシーといったところ。

とまぁ、いでたちを除けば特に何の珍しさもないごく普通のインターナショナルな夫婦。

そんな夫婦を前に、僕は“Once Upon A Time In The West/DJ Gerd Vs Marcel Woods”(Trance)を、あたかも聴いているかようなふりをしていた。

というのも、出先でiPodの充電が切れてしまったのだ。

しかし、この大都会の喧騒から自らを隔離すべく、イヤフォンを耳栓代わりにしていたわけだ。



電車が駅を出てしばらくして、夫婦は会話をしはじめた。

シドが喋ると、ナンシーが相槌を打つ。

ナンシーが返すと、シドが相槌を打つ。

けっこうお喋りな夫婦のようだ。

長年連れ添えば、言葉の壁なんぞ跡形もなく破壊し尽くされていることだろう。

そう考えると、ふたりがどんな言葉で、どんな話をしているのかが気になってきた。

とはいえ、日本語以外の言語で会話されているなら、元も子もないが。

とりあえず、僕はOnce Upon A Time In The West/DJ Gerd Vs Marcel Woods”(Trance)を、あたかも聴き終わったかのようなふりをして、イヤフォンを外した。

するとだ。

ふたりから伝わってくる会話に、どこか違和感があるではないか。

この方25年間の生涯で、いまだかつて感じたことのないVibes。

耳に一切の覚えのないRiddim。

Road have mercy。

僕は慌てて耳を澄ませた。



違和感の原因はすぐに明らかになった。

シドが話しているのは専ら英語。

ナンシーは専ら日本語。

というわけだ。

日本語交じりの英語でも、英語交じりの日本語でもない。

まじりっけなしの英語対日本語のトーク。

しかも、すこぶる軽快。

言葉に詰まったり、理解に苦しんだりといった感じが全くなく滑らか。

このことからして、シドは日本語もペラペラなはず。

ナンシーも英語がペラペラに違いない。

にもかかわらず、どちらかの言語に統一するでもなく、互いが母国語を用いて、さらにそれが会話としてスムーズに成立している。

こんな会話、見たことない。



余談だが、ナンシーが「義理の兄」と言ったのに対して、シドが大きく頷いていたのがおもしろかった。



現代が国際化社会と言われていることに、僕はとても疑問を感じる。

何も国際化なんてされていない。

コミュニケーションにおいてという前提を設けるならば、英語を話せる人が増えただけにすぎないように思える。

世界に占める英語圏の人口が多いということと、その中に、経済の最先進国でありその中心であるアメリカが属していることにより、英語が共通言語化されてしまっている。

まるで、なるべくしてなったかのように聞こえるこの動きは、あくまで便宜的で人工的な現象であって、地球に五大陸と七つの海が生まれたこととか、猿が木から下りて二足歩行を始めたこととか、マンモスが全滅したことのような、自然発生的現象ではない。

何者かの策略によって仕組まれた、あさましき欺瞞なわけだ。

英語のネイティブ・スピーカー達は、これによって他言語を習得する手間を避けることができ、それ以外の人間がその手間を負う羽目になった。

したがって、人種が相互に手を取り合うことで世界が連結しているのではなく、われら野蛮民族がイングリッシュ・スピーカーの手元まで、肘脱臼せんばかりに腕を突き出しようやく繋がりを保持しているというのが現実。

国際化という名の英語化ということだ。

だから、イングリッシュ・スピーカーはわれわれに感謝すべし。



と、英語を話せないこの僕が乱暴な言い方をしてきたが、やはり英語は話せるに越したことがない。

英語に限らずだが。

でも、なんか悔しい。



ここで、もう一度思い出す。

電車で出くわしたあのふたりを。



あなたは、あなたの母国語を話せばいい。

それを私はちゃんと理解するから。



クールで愛にあふれたこんな言葉がふたり間でシンクロしているように感じる。

この言葉、日本語でも英語でもない。

心の言葉。



お後がよろしいようで。










あ、展覧会については明日書きます。

明日もう一度見に行く予定なので。




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<THE EAST/WEST PROPOGANDA PROJECT | 3BA ENT. | ハスリン>>
コメント
■ はじめまして~!
初コメントさせていただきます!!!
遠くのほうから飛んできました(笑)
応援させていただきます!
これからも時々とんで来るかもしれないんでよろしくです♪
2007-03-26 17:30 | URL | 黒服@かずき #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 3BA ENT. |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。