スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
A Happy New Year
2008-12-30 02:49
夕方の原宿。

僕を自転車で追い越して行ったおっさんの独り言。

「西日が貧乏臭いわ。」



おかしくて思わず噴き出しそうになった。

それからずっと頭から離れず、何度もループしている。



どうやら、「自虐の詩」という映画に、こんな台詞があるみたい。





おっさんがこの映画にインスパイヤーされているのかはわからないけど、なかなか良い台詞だと思う。

何よりも、ここでは決して伝わらない今日のシチュエーションがたまらなく良かった。





「すべらない話」よりも「ゆるせない話」のほうが面白いと思う。

どちらも、「笑える」ということを命題にしているならば、企画としての優位性は後者の方が高い。

前者は、結果「笑えない」という可能性をはらんでいるが、後者にはそれがほぼ無い。

あるあるネタとして笑える部分と、逆に共感できなさすぎても笑えるという2パターンが備わっている。

いずれも、プレーヤーの素質が問われることはいうまでもないけれど。

どちらかというと、前者は技術、後者は感覚のレベルが問われるんだろう。










さてさて、今年もおしまいですね。

あまり時間を区切ることは好きではないけど、個人的に今年というより、来年がものすごく重要な1年になるということもあって、久々に重みのある迎春といえそう。

元旦から仕事なんで、正月気分は全く無いが。



おそらく今日が今年最後のブログになるんじゃないかなと思う。

最近の僕のブログはぼやき傾向が強くなってるようだが、最後にもうひとつだけぼやきたい。



日本人って「トヨタ」をヒーロー扱いし過ぎてないかい?

日本人としてのプライドとか威厳の旗印なのか知らないけれど、昨今の不況にあって、「あのトヨタさえもが…」というようなニュアンスで、絶望感を煽るような報道がされ、国民もそれに同調するかのように呼応しているようにお見受けする。

これには僕は共感できない。



これまでのトヨタの成長はアメリカ経済に支えられてきた部分が大きい。

そしてアメリカ経済というのは、金融経済なわけで、つまりそれは金の貸し借り。

今般の経済危機の発端とされるサブプライムローンしかり、低中所得者がローンによって身の丈以上の生活を送ることのできるシステムなのだ。

当然のことながら、ローンには利子がつく。

ローンというのは、もとあった100円を200円にし、500円にし、1000円にすることのできる魔法なのだ。

これでもってアメリカが世界1の経済大国となっているともいえる。

そう考えると、経済成長なんていとも簡単だ。



間違っても、僕はローンを否定しているのではない。

僕が言いたいのは、所得と照らし合わせて到底分相応とはいえない多くのアメリカ人の消費によって、日本の企業(あえて「物づくり」と換言しよう)がその地位を固めてきた面が大いにあるということ。

その代表格がトヨタなのだ。



したがって、トヨタがこの世界同時不況に加担していると言ってしまっても差し支えはないと思う。

にもかかわらず、当人が被害者のように振舞ったり、マスコミが悲哀を込めて報道しそれに国民が共鳴するのは、筋が通っていないというのが僕の立場だ。

マッチポンプなのだ。



今回は、あくまでトヨタを例に挙げただけ。

誰が悪いって、みんなが悪い。

もちろん僕も。



来年は、日本とアメリカの両政府が刷新される。

主人公が変われば物語は大きく転換する、はず。



A Happy New Year








スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリ○○ス
2008-12-25 01:31
数年前まではイルミネーションといえば黄色や白い光のイメージが強かったけど、LEDの普及で主役は青い光に代わった。

僕的にはこっちのほうがいい。

目に優しい感じもするし、落ち着くしね。



そんなこんなで、仕事終わりにパンツを6枚買って直帰。



スーパーは、チキンのオンパレード。

パスして鰹のたたき。








いわゆる人気クリスマスソングって、センチメンタルなものが多い。

クリスマス・イヴ(山下達郎)。

いつかのメリークリスマス(B'z)。

サイレント・イヴ(辛島美登里)。

クリスマスキャロルのころには(稲垣潤一)。

とかとか。

恋人と聴きたいランキングにこんな曲が入ってたりするのも違和感があるけど。



とにかく感傷に浸るのが大好きな日本人。

演歌の心は確実に継承されている。



来年につづく。










MIDNIGHT SEVENSTARS (RAP MIX) / DEXPISTOLS

別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トンネル
2008-12-22 23:55
トヨタ、1500億円の営業赤字に。

たしかにショッキング。

ま、こんな数字がこれからも続々と出てくるんでしょうけれど。

しかしながらの素朴なギモン。

これまでの貯えってないのかね?

トヨタに限らず、今までの円安の間にえらく儲けてた企業はかなりあるんじゃね?

貯蓄の目的って、危機に備えるという部分もあるのでは?

それができていなかったとすれば、やはり過ちをおかしていると判断されてしかるべき、と素人ながらに思う。



もうひとつギモン。

今の円高のおかげでえらく儲けてる企業はないのかね?

そこには雇用も生まれてるんじゃないかと推測するんだが。

そんな話はまったく聞こえてこないけど。

「はい!私たち儲かってます!」なんて手を挙げられる雰囲気でもないのかな。

それとも、あすは我が身で戦々恐々としてんのかな。

でもおそらく、人目をはばかってコソコソニヤニヤしてる人たちもいるはず。



とにもかくにも、諸行無常で盛者必衰。

永遠に右肩上がりなんてありえない。

落ち目は必ずやってくる。

とりわけ、数字遊びで手にした虚栄はリバウンドが大きい。

壁に当たったボールは、その入射角が大きければ大きいだけ、反射角も大きくなる。

緩やかなのがちょうどいいのかもしれない。



そして、シーソーゲームは恋だけじゃないということ。

こっちが上がればあっちが下がる。

笑ってるひとがいれば泣いてるひともいる。

思いやりの心。

ちょっと我慢。



実はこれがいちばん儲かる。

長いトンネルの先はこれだろ。











こちらもトンネルに入ったと見た。

M-1グランプリ。

島田紳助は本気で言ってたんかな~。

個人的には、過去最も笑えなかった。



M-1 2008決勝結果

激戦と言えば聞こえは良いけれど、それは必ずしも高レベルでの争いだとは限らない。

ここ数回のM-1では、1ないし2組が神がかったウケ方をしてダントツで優勝してきた。

過去の得点結果を見てもそれが表れている。

言葉は悪いけど、出がらし感が否めない。

新しくて無二なスタイルが見たい。

その意味で笑い飯には期待していたが、あれでは無理か。

勝手な推測やけど、最終決戦に取っていたネタは面白かったんじゃないかなと。

最終には残れると高をくくってたのでは。



個人的には消化不良ですが、それでも年に1度の楽しみ。

来年に期待したい。







別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
333
2008-12-14 22:43
東京タワー

東京タワーに行った。

いつも遠くから眺めるばかりだったけれど、至近距離で見上げる東京タワーは格別だった。



展望台からの夜景もなかなか良い。

夜景





高いところから見下ろした街の様子を「おもちゃみたい」と表現することがよくあるけれど、下から見上げる高層建築物も同じくおもちゃみたいだ。



ライトアップされたタワーを遠くに望んだ人がそれを綺麗と言うけれど、そのタワーから遠くの街を眺める人も同じく綺麗と口にする。





今月の23日で東京タワーは開業50周年を迎えるらしい。

記念新ライトアップ「ダイヤモンドヴェール」は20時からだったので見ることはできなかったけれど、クリスマスのイベントとしてはカップルにはオススメできる。

是非。


別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
裏・モラルの崩壊
2008-12-10 02:58
はっと気づくわけですよ。

あ、もうそんな時期かって。

そろそろ受験の季節。

こんなこと言ったら、受験生には嫌がられるのかな。

でも、僕みたいに追い込まれないとエンジンがかからない子らには良いのかも。



まだ、大学生の頃には、学校が休みになったり試験官のバイト募集があったりで、受験を意識することはあったけど、社会人になってしまえば一気に縁遠いものになってしまう。

今年は、こんなところで受験の季節の到来を告げられた。



マイク ポップコーン



毎年、色んなお菓子メーカーがこの手の商品を発売するけど、藁をもすがる思いの受験生にはウケるんだろうか。




まぁ、そんな話は置いておいて。

このパッケージに見つけた不思議なもの。

これ↓

桜塩味

皿に盛られた塩と桜の花の写真。

その左下にある「味のイメージ写真」という説明書き。



「味のイメージ写真」って。

味覚を視覚で表現。

アートだわ、アート。



こういう表示ってよく見かけるけど、法律とかで義務付けられてるんだろうか。

それとも、「これを見て買ったのに中身が違う」って怒ってくる消費者がいるのだろうか。



もうね、ガンジガラメです。

何もかも。

テレビでよく見る「良い子はマネしないで」とか「特殊な訓練を受けています」とか「収録後スタッフで食べました」とかもそう。

興ざめしてしまう。

「良い子は…」じゃなくて「芸人さん達は体を張ってお金を稼いでいるんですよ」とか、「収録後スタッフで…」じゃなくて「これらを提供してくださった○○(店名等)さん、ありがとうございました」とかにするのはどうかな。

夢があるし、利益もある。



現状では誰も得をしない。

これが問題。



だれが悪いかって、言うまでもないけど。

でも、きっとしっぺ返しがくるよ。





モラルって、それ、自己責任からの避難経路になってないかい?


別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
煙たい話
2008-12-05 05:01
どうやら、タバコの値上がりの日も近そうですね。

2~3円/本、つまり40~60円/箱の値上がりあたりが濃厚のようです。

この設定、いかにもイヤラシイ。

今のところ、主流銘柄の相場は1箱300円前後。

ここに40~60円を上乗せしても300円台をキープすることになる。

4円/本の値上げだと、各種軒並み400円を突破してしまう。

こんな計算が御上にはあるんじゃないかと勘ぐってしまう。

国民の健康がナンチャラカンチャラは結構なことだが、そのわりには思い切った増税はしてこない。

禁煙なんかしないで、いままでどうり税金納めてくださいね~的な下心が垣間見れる。

もちろん業界の反発もあるんでしょうけど。



そろそろ僕も、ステージにライターをそっと置いて、普通の男の子に戻ろうかしら。


別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
それは、物忘れじゃなく、忘れ物
2008-12-04 04:03
とうとう出ちゃいました。

今年はじめての「よいお年を」が。

場所は美容院でした。



年末よりも年度末の方が忙しいので、12月はさほど特別な月ではないけれど、それでもなぜか気は焦ってしまう。

体を置いて、気持ちだけが忙しい、そんな月ですね。



あ、でも、ここんところ、右手だけは忙しいです。

保育園の時に覚えた…。

じゃなくて、ペンね、ペン。

ちょっと書き物することが多くて。



筆を動かすってこと、本当に減りました。

おかげで漢字が出てこない。

パソコンと携帯の影響ですね、もちろん。

でもコンピュータは悪くないです。

僕が悪いんです。



今の時代はパソコンがあるから、漢字が書けなくても、計算ができなくてもかまわないという主張もあるようですが、これは非常に難しい問題。

科学は聖域に足を踏み入れてしまっている。

無理やりでも大袈裟でも何でもなくて、金融資本主義もそれに近しく感じる。

被害はあまりに甚大だけれど、ここでその是非が問われるきっかけとなるのなら、人類の未来にとっては救いだったのかもしれない。



すごく便利で効率的なのは良いこと。

でも、それにかまけて人間がルーズになってしまうのは間違っている。

われわれが科学に使われるようなことだけは避けなければならない。



人間みたいなコンピュータより、コンピュータみたいな人間のほうがはるかに素晴らしい。



未来はわれわれの外ではなく、われわれの中にしかない。



忘れた漢字を取り戻したい。







別窓 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| 3BA ENT. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。